遮光カーテンにタッセルで映画館気分

本来カーテンの役割はプライバシーを守るために外から部屋の中が見えないようにすることや
部屋に入ってくる光を調節する、といったものです。

しかし最近、カーテンの特徴を活かして様々な使い方をする人が増えています。
それはどちらかというとカーテンを”生活に必要なも”のという位置づけで用いるのではなく”生活に楽しみを与えるもの”という視点でとらえた活用の仕方です。
ちょと豪華でリッチな気分を満喫できるオーダーカーテンのアイディア活用方法があります。
そのうちの一つをご紹介したいと思います。
それは”オーダーカーテンでシアタールームを家に作る”というものです。
大きな家をもっていて自分の好きな映画をいつでもみれるように部屋の一つをシアタールームにしておられる人もいらっしゃることでしょう。
しかし大きくて部屋のたくさんある家を持つことは誰にでもできることではありません。
しかしブラインドを使うなら部屋を一瞬にしてシアタールームに変えることができるのです。
まず必要なのはプロジェクターという映写機ですが最近では値段の安いものが販売されており、3万円、もしくはそれ以下の値段で購入できます。
そしてロールスクリーン式のオーダーカーテンです。
これを部屋に取り付け、映画を映し出すためのスクリーンとして使うのです。
映画鑑賞のときにのみこのカーテンを使用しますのでそれ以外のときは巻き上げて収納してしまえば邪魔にならず、
普通の生活が送れます。
また友人などを家に招待し映画鑑賞を楽しみたい、特にそれらの友人を驚かせたいと思うなら部屋の窓にオーダーカーテンを設置し、
瀟洒なタッセルなどを取り付けておくと目を引くかもしれません。
サプライズで一瞬にして部屋を暗くし、プライベートシアタールームにしたいのであればカーテンよりもブラインドの方がスピーディーにできるでしょう。オーダーカーテンを受注している会社ではロールアップのものもあると思います。

暗幕タイプの遮光性に優れているものが販売されていますのでプライベートシアタールームのクオリティーにこだわりたいという人はこのオーダーカーテンを使用なさることをおすすめします。
ちょとしたアイディアで生活に変化を持たせることができます。
自分の部屋をプライベートシアタールームにして個人で映画鑑賞を楽しむのもよいでしょうし、
リビングルームをプライベートシアタールームにして家族みんなで、
もしくは友達を招待して大勢で盛り上がるのも楽しいこと間違いなしです。

映画好きな方、このオーダーカーテンのアイディア活用法を是非お試しください。